2009年08月10日

■■ microSD 経由は時代遅れ?■■

 以前にも書いたことがありますが、ぼくの場合、Windows PC と Windows Mobile 搭載スマートフォンとの間でデータのやりとりをする際、microSD 経由でやっています。

 ですが、最近発表されるスマートフォンは、iPhone にせよ S21HT にせよ、カードスロット非搭載です。T-01A や日本未発表の Touch Diamond 2 だと、カードスロットはあるものの、裏蓋を取って、バッテリーを外して....という仕様で、「そう頻繁にカードの抜き差しをするな!」と言わんばかり。最近買ったSoftBank端末でも同様に、電源を落として裏蓋を取らなければカードの抜き差しはできない仕様です。

 これだと一昔前の SCSI機器のよう。SDカードなどのカード機器(CF であれ、miniSDであれ、microSDであれ)は、USB接続と同じように気軽に取り付け/取り外しができるんじゃなかったでしょうか?

 microSD 経由でデータをやりとりするのは、もう時代遅れなんでしょうか?データのやりとりはネットワーク経由でやるのが主流ということでしょうか?

 ネット上に重要なデータを置くことの不安、自分のデータにアクセスするための認証作業等の手間、そういったことを考えると、まだまだ「カード経由」によるデータのやりとりは使えると思うのですが。





posted by 不律 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる機会 [出来事] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。