2009年08月01日

■■ 冬来たりなば? ■■

 『asahi.com』の記事より。米国が今年度第2四半期のGDP(速報値)を発表しました。マイナス 1% だったそうです。市場予想のマイナス 1.5% よりは良かったものの、1947年に統計を発表し始めて以来、始めての4四半期連続マイナスだそうです。

 日本で最近発表された6月完全失業率が 5.4% と、5月の 5.2% を上回ったことを思うと(米国のGDPと日本の失業率の間に直接的な関係はありませんが)、なんだか「未だトンネルの中」という感がぬぐえません。

 月初からあまり良いニュースではありませんが(この間もそんなことを言っていたような気がする)、知っておかなくちゃいけない現状なのだと思ってます。




posted by 不律 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる機会 [出来事] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。